【茶道】学んでおきたい茶道の基礎知識 ~詫び寂びの精神とは~

ナレッジ

1. はじめにー日本の総合芸術である茶道ー

茶道体験する人たち茶道は日本の代表的な伝統文化の一つです。静かな茶室で和服を着て、抹茶を味わうことで、日本で長年受け継がれてきた、おもてなしの精神を堪能できます。茶道には、海外からの旅行者が体験してみたい日本文化の魅力が詰まっています。

ガイドが旅行者に茶道に関する案内をする時に、どのようなことを知識として押さえておくべきでしょうか。この記事では、茶道の基本的な知識について紹介します。具体的には、茶道の定義や歴史、その魅力になります。

茶道とは

私たちが日常生活でお茶を飲む行為と違うというイメージを持っている方も多いと思いますが、あらためて茶道とは何でしょうか。

茶道は、英語では”Tea Ceremony”と呼び、お茶の儀式を意味します。ホスト(亭主)が客人をもてなし、お茶を振る舞い、両者が心を通わせる場になります。

茶道には細かく決められた作法があります。立ち方や歩き方、お礼の仕方、お茶のたて方など、それぞれの動作についての決まりがあります。それらはお茶を美味しく味わうために、長年の歴史のなかで確立されたもので、それぞれに意味が込められています。

また、茶道は芸術としての一面もあります。茶道が行われる茶室は、掛け軸、生け花、庭などでその空間が彩られています。それぞれが日本を代表する芸術であることから、茶道は多様な伝統文化を織り交ぜた日本の総合芸術とも言えるでしょう。それゆえもてなす側には、茶道具や和菓子などの選別に美的感覚が求められます。

2. 茶道の歴史

日本の芸術が詰まった茶道ですが、どのような歴史をたどって現在の形になったのでしょうか。中国からの伝来と侘茶(わび茶)が重要なポイントです。

茶道文化の変遷

お茶の歴史は奈良時代にまで遡ると言われています。当時の宮廷では現在の形式とは異なるものの、お茶の儀式が行われたという記録が残っています。当時、お茶は非常に貴重なものでした。薬のような存在であったため、必要に応じて飲んでいたそうです。

日本人が習慣的にお茶を飲むようになったのは、鎌倉時代です。臨済宗を開いた僧である栄西が、仏教の教えとともに、チャノキ(茶樹)を持ち帰り、日本でお茶の栽培が広まりました。お茶の普及とともに、貴族や武士の間で茶会が開催されるようになり、そこから派生して茶の儀式としての形式が整えられました。

鎌倉時代末期の宮廷では、飲んだお茶の銘柄を当てる遊びが流行しました。また、武士たちは応仁の乱に至るまで、中国の茶器である「唐物」を大金を使って集め、それらを使って豪勢な茶会を開いていました。お茶を飲むだけでなく、飲酒や娯楽に興じていたことから、現代のパーティーや飲み会に近いものだったのではないでしょうか。

侘茶(わび茶)の誕生

そのような茶会の在り方に対し、異を唱える人たちが登場しました。簡素簡略の考えを取り入れ、亭主(ホスト)と客人(ゲスト)の交流をより重視すべきだとしたのが、室町時代に村田珠光(じゅこう)がはじめた「侘茶」です。

侘茶の登場により、茶室や茶道具は華美なものではなく、質素なものが使われるようになりました。侘茶の精神を受け継いで大成させ、現在における茶道の基本を作ったのが千利休です。

それまでは考えられなった2~3畳の狭い茶室を使い、茶室に訪れるところから退出するまでを客人をもてなす時間と捉える、一期一会の考えを大切にし、千利休は茶道の発展に大きく貢献しました。現在も残る主要な流派にも千利休の精神が息づいています。

茶道の流派の数は、500を超えるとも言われています。その中でも代表的なものが三千家と呼ばれる流派になります。表千家、裏千家、武者小路千家(むしゃのこうじせんけ)が該当します。

これらの流派は千利休の子孫が作ったもので、各家によって茶道具や作法が異なります。例えば、薄茶の抹茶を立てる場合、あまり泡立てないのが表千家と武者小路千家で、よく泡立てるのが裏千家です。これにはお茶の味に対する考え方の違いがあると言われています。
前者の場合は泡を立てないことで、雑味を出さないようにしています。後者の場合は泡を立てることで苦味を和らげています。裏千家では苦味の強いお茶を使うことが背景にあるそうです。

また、茶室に入る時には左足から入るのが表千家、右足から入るのが裏千家、茶室によって変わるのが武者小路千家です。表千家と裏千家は占いなどにも使われる陰陽五行思想がもとになっています。茶室で座る場所を陽として、表千家は陰の足、左足から入ることでバランスを取り、裏千家は陽の足、右足から入ることで華やかさを強調するという考え方をしています。
武者小路千家では、座席に対して身体が正面を向くように、茶室の柱側に一歩目を出すと決められています。この他にも様々な作法の違いがあります。

3. 茶道の魅力

わびさび茶道には流派による形式の違いがありますが、茶を通じた人と人との交流という面では共通しています。ここでは茶道の根底にある「侘び寂びの精神」を紹介するとともに、茶道が海外の旅行者を惹きつける理由について解説します。

侘び寂びの精神

茶道が持つ独特の雰囲気を指して、一般的に「侘び寂びの精神」と表現されます。詫び、寂びともそれぞれ別の言葉ですが、それらが結びついてひとつの美的感性を形成しています。

「詫び」は簡素さ、余分なものをそぎ落とした状態に美を感じるという思想です。「詫び」という言葉は、気を落とす、心細く思うといった意味を持つ動詞の「わぶ」から派生したものです。詫びはもともと貧しさや不足を意味する言葉でしたが、そのような状態の中に心の充足を見出そうという美意識へと変化していきました。

「寂び」は経年変化の中に美が宿る、枯れたものに美しさを見出す考え方です。寂びは色あせる、古くなるという意味を持つ動詞である「さぶ」から生まれた言葉です。寂びは、生命力が衰えていく様子や人がいなくなって静かになる状態を指しますが、そのような無常さや孤独感の中に、人々は美を感じるようになりました。

「詫び寂び」は、一見すると否定的な状態の中に物事の本質があるとする日本独自の美意識となり、さまざまな文化を形成しました。華美で大勢の人たちと遊楽に興じる茶会から、簡素で少人数の深い関係を築く茶道が整備されていった背景には、詫び寂びの精神があります。

海外の旅行者から見た茶道の魅力

細かい作法や詫び寂びの精神は、現代の日本人であってもあまり馴染みがなく理解が難しいですが、なぜ茶道は海外の旅行者を惹きつけるのでしょうか。

理由のひとつとして、消費動向の変化があります。2010年代に入ってから訪日外国人旅行者が増加し始めました。当初は日本の家電や工芸品を大量に購入するなど「モノ消費」が目立ちました。しかし、国際的なECサイトの普及や訪日リピーターが増えるにつれ、旅行者の消費スタイルは変化し、日本ならではの体験を求める「コト消費」がより重視されるようになりました。

茶道では礼儀・作法から日本のおもてなし精神が学べることをはじめ、茶器や華道などの関連する芸術にも触れられます。そのような日本らしさが詰まっていることが茶道を体験したいと思わせる理由として考えられ、茶道体験は代表的な「コト消費」となりました。

4. おわりにー茶道について説明する場面ー

ここまで茶道を案内するうえでの基礎知識について紹介しました。茶道体験を行う際や茶道について説明する際にぜひ活用してみてください。

旅行者に茶道について説明する場面は、大きく分けて二つあります。
ひとつは茶道教室などでの本格的な茶道体験です。茶道教室は時間がかかり、足袋や扇子など事前に準備するものも多いです。専門用語もあり、通訳する上で単語を覚えることはもちろん、作法の意味や理由についての背景についても習得する必要があります。

もうひとつは、お寺、古民家、庭園などの休憩室で抹茶と和菓子だけが提供される簡易的なお茶体験です。こちらの体験では、今回の記事で説明した茶道の歴史的背景を説明するほか、和菓子と抹茶をいただく手順などの基本的な作法を紹介する程度の案内になるため、準備は本格的な茶道体験と比べると少なく済みます。

茶道体験の流れやガイドとして対応すべき事項については、別の記事にまとめていますので参考にしてください。

関連記事

特集記事

TOP